外壁塗装の体験談について

一軒家を建築後10年経過し外壁塗装を依頼

一軒家を建築後10年ほど経過した時に、外壁塗装を依頼しました。
一般的に塗装は10年を目途に塗り替えるものと聞いていたことと、ハウスメーカーの10年目の点検の際にチェックをしてもらい、依頼をすることになりました。
10年ひと昔という言葉があるように、10年経過すると外壁の状態は変化が生じてきます。
自分の家の場合には、北側に緑色の藻のようなものが付着しており、新築時の美しさが損なわれてきていました。
こういったものを何とかしたいと、ハウスメーカーに相談をした結果、塗料の様々を説明されました。
年数が経過すると、塗料の開発も進んでおり、建築時にはなかったようなものが販売されていることを知りました。

今ついているような藻がつきにくい塗料があることを知り、そういった塗料で塗り替えることを決めました。
時代の変化とともに、建築材料や素材も質の良いものが開発されていくことは住宅を購入し、長く住むつもりの人達には有り難いことです。
また10年はもつと自信をもって説明をしてくれました。
現在それから9年ほど経過しますが、外壁はきれいなままです。
やはり塗料によって、もちが違うことを実感しました。
10年でハウスメーカーの点検がまたありますが、今度は外壁塗装はどうなのかと思っています。

一軒家を建築後10年経過し外壁塗装を依頼塗料の開発が進み塗装後9年経過したが外壁は綺麗プロの誠実な手仕事によって自分の家は守られている